保管してもらえない衣類は?

保管してもらえない衣類は? 宅配クリーニングは、宅配便を使って衣類の受け渡しを行うことによって、自宅にいながらにしてクリーニングが利用できる便利なサービスです。
また、クリーニングの他に保管サービスを手がけている業者も多く、人気を集めています。
これは、クリーニングに出した洋服などを一定期間そのまま業者の許に置いておけるというサービスです。
最長で8~9か月預かってもらえるので、1シーズンしか着ない服などを預けておけば、自宅のクローゼットをいつでもスッキリさせておくことができます。
預けておける服の種類は、寒い季節用のコートやマフラー、暑い季節用のサマードレス、あるいはスキーウェアなどシーズンスポーツ用品など多岐にわたります。
ただ、預けられないアイテムもあるので注意が必要です。
具体的な品目は宅配クリーニング業者ごとに異なりますが、一般には革製品やリアルファーなど変質しやすいもの、装飾品付きのドレスなどのように扱いが難しいものは保管の対象外となります。
汚れやニオイがひどいなど状態が悪いものも預かってもらえません。

宅配クリーニングで保管サービスを利用するメリット

宅配クリーニングで保管サービスを利用するメリット 宅配クリーニングサービスの中には、ただ衣類を本格的に洗濯するだけでなく、保管も一緒に任せられるところがあります。
期間はサービスごとに様々ですが、半年から1年程度の対応が可能なところも少なくありません。
特に季節ものの衣類だと着用しない期間が長いので、倉庫代わりとして利用するのに適しています。
また布団も同様に、半年以上しまっておくことが多いです。
したがってもし毎年のようにクリーニングに出しているのであれば、そのクリーニングと保管をまとめて依頼することでコストを抑えられる可能性もあります。
そして収納スペースを用意せずに済むという強みの他に、その環境に気を遣わずに済むというのもメリットです。
宅配クリーニングサービスの一環として行っているので、ちゃんとしたところであれば状態を維持させる工夫が施されています。
湿度や温度が管理されている環境であれば、自宅に置いておくよりも劣化の心配が少なく済むでしょう。

新着情報

◎2020/10/23

保管してもらえない衣類は?
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「クリーニング メリット」
に関連するツイート
Twitter