宅配クリーニングで衣類を保管してもらえる期間

宅配クリーニングで衣類を保管してもらえる期間 宅配クリーニングに依頼するときに注意しておかなければならないことは、預けた衣類を保管してもらえる期間がいつまでかという事です。
ただ、これについては法律で見ると明確に期間が定まっていません。
ただ、法的には決まっていないといってもそのままでは賠償責任などの面でクリーニング店の負う負担が重くなってしまいます。
そこでクリーニング業者協会では、クリーニング事故賠償基準を設けています。
そこでは責任をもって保管できる間を1年と定めており、これは宅配クリーニングも同様です。
1年が経過しても所有者が取りに来ない場合は、店側はクリーニング事故賠償基準による賠償の対象から免れることが可能です。
また、顧客に対して取りに来る日時をきちんと伝えても来ることがなかった場合、裁判所に申し出ることで洗濯物を競売にかけられます。
ただクリーニング賠償基準は1年になっているものの実際には店ごとの判断によって、いつまで預かってもらえるかが違ってくることは留意します。
ですので、店によっては半年または3ヶ月の期限を設け、経過すると連絡が全くなければ洗濯物を処分してもいい決まりにしているところもあります。
後でトラブルにならないように、クリーニングの依頼をする時には預けてもらえる期限を事前に店側に確認したほうが無難です。

宅配クリーニングで冬物を保管してもらうと大変便利

宅配クリーニングで冬物を保管してもらうと大変便利 宅配クリーニングは自宅にいながら使える大変便利なものですが、洗濯をしてもらうだけでなくそのほかにもメリットがあるのをご存知でしょうか。
そのなかの一つに保管というものがあります。
コートやダウンなど冬物は大きなものやかさばるものばかりです。
一人暮らしで収納スペースがない部屋に住んでいる人や、家族みんなの冬物をしまうと収納スペースのほとんどを冬物が占めてるということがあります。
もしこれがなければ、広い空間で過ごせますし、他に収納したい物をしまうことができます。
冬物はスペースをとるだけでなく防虫にも気をつけることが必要です。
次の年、着ようとすると虫食いで穴が開いている経験された人もおられるでしょう。
お気に入りのものが台無しになってしまいます。
そのような対策も宅配クリーニングなら心配ありません。
宅配クリーニングに出すと次の冬までプロに保管してもらうことができるので、このようなサービスを利用すると大変便利です。

新着情報

◎2020/10/23

保管してもらえない衣類は?
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「クリーニング 冬物」
に関連するツイート
Twitter